2005年12月08日

Carl Stone@KUALA MUTE GEEK VOL.4

日 時: 12月18日(日)開場/開演 18時/18時30分
会 場: SUPER DELUXE  03-5412-0515
〒106-0031 東京都港区西麻布3-1-25 B1F

料 金: 前売り3,000円 当日3,300円 (1ドリンク込み)
前売り予約: E-MAIL  kualauk@hotmail.co.jp

出 演: 内橋和久+Hans Reichel/Carl Stone/opitope
空間演出+映像  パラレルミューズ
協力: SUPER DELUXE
企画制作:KualauK Table

INFO http://www.chihei.org/
    http://www.kualauk.com

Kuala mute geekは電子音楽と即興音楽のイベント。きました。ギタリストとして国際的な活動をし、またアルタードステイツ等の活動でも有名な『内橋和久』と弓奏の自作楽器ダクソフォンで有名で、トム・コラや、フレッド・フリスとのCDもリリースしている『ハンス・ライヒェル 』

さらには、電子音楽の黎明期より活動し、現在のエレクトロニックミュージシャン達に圧倒的な影響を与えている『カール・ストーン』、そして"Spekk"の"Small Melodies"に楽曲を提供し、Krankyからのリリースも控えるメンバー電子音楽ユニッ『Opitope』。当日はそぞれのライブに加え、トリオでの演奏や、出演者全員でのセッション等も予定。

Posted by com4jai at 02:48 | Comments (0) | TrackBack

2005年11月27日

三輪眞弘の初映画音楽

映像作家、前田真二郎監督作品「日々 "hibi" 13 full moons」のライブ上映会が行われる。

「逆シミュレーション音楽」を提唱、活動している三輪眞弘さんにとっては初めての「映画音楽」として、前田氏の作品に(勝手に)音楽を付ける試みとして立て続けに3回、ロボットを含む、異なるマラカス隊によって映画音楽の歴史の新たな一歩を刻むライブ上映。

もちろん、その場で、演奏には「マラカス隊」として5人のマラカス・プレーヤーが出演し、映像にタイミングを合わせ「蛇居拳算」(*)と呼ばれる規則に従ってマラカスを振る。その際、マラカスの振り方(演奏パターン)は予め決められており、また厳密な規則によって演奏が進行するため、プレーヤーが間違えない限り、映像と音楽の進行は常に一致し、即興などは行われない。

●作品「日々」についての詳細:
http://www.iamas.ac.jp/~maeda/about_hibi_j.html

●日程:(詳細は各ウェブページをご覧下さい)
http://www.ntticc.or.jp/Schedule/2005/PossibleFutures/Performance/performance02_j.html
12/ 4 初台、ICC(インターコミュニケーション・センター)
   ICCワークショップ・チーム(現在特訓中!)によるライブ上映
http://www.ntticc.or.jp/Schedule/2005/PossibleFutures/Performance/performance02_j.html

12/13渋谷、アップリンク・ファクトリー
   team SZKによるライブ上映
http://www.uplink.co.jp/factory/log/000942.php

12/24 クリスマス・イヴ 大垣市情報工房(アルゴリズムとからだ展)
  ロボット・マラカス隊によるライブ上映
http://www.iamas.ac.jp/project/karada/
  ロボット・マラカス隊完成予想ムービー(現在製作中!QuickTime)
http://www.iamas.ac.jp/%7eden-de03/udefuri001.mov

Posted by com4jai at 14:09 | Comments (0) | TrackBack

2005年11月23日

アルゴリズムとからだ展

何やらイアマスで起こるらしい。
でも、ばりばりクリスマスですね(笑。

と、三輪さんの門下生から詳しい情報が来たので追記しました。

インターカレッジ・コンピュータ・ミュージック・コンサート+「アルゴリズムとからだ展」
日時:2005年12月23日(金)〜25日(日) 10:00〜21:00
会場:大垣市情報工房(岐阜県) 5Fスインクホール
http://www.iamas.ac.jp/project/karada/

 情報処理学会音楽情報科学研究会(SIGMUS)と同会場で同時開催される 「インターカレッジコンピュータ音楽コンサート」は、新しいテクノロジー を用いた文化活動をめざす若者に、芸術的洗練の糸口を与えるため1995年度より開かれてきたコンサートシリーズです。今年度のホストとなる IAMAS(岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー及び情
報科学芸術大学院大学)では、2003年 度より「からだプロジェクト」という学内プロジェクト名で、テクノロジーと 身体との関係から生まれる新しい表現のかたちを研究してきました。
今回は、この「からだプロジェクト」の成果発表に「インターカレッジコンピュータ 音楽コンサート」を融合し、映像やインスタレーションを含む学生作品を中心とした様々な試みを一堂に集め、未来の芸術を夢見る若者達が集う、楽しくて 貴重な三日間となります。
 インターカレッジ参加大学の学生作品による通常のコンサート#1と#2、 テープ&ビデオ上映、インスタレーション作品の展示に加え、「アルゴリズムとからだ展」による作品発表と、さらに今回は以下の特別イベントが予定され ています。

 ・インターカレッジ特別企画
  参加大学から募集した「アルゴリズムとからだ」をテーマとする学生による新作発表イベント(コンサート、インスタレーション展示、ほか)

 ・「師匠の背中」
  参加大学の教官であり、日本のコンピュータ音楽シーンを代表するアーティストでもある有馬純寿、岩竹徹、菅野由弘、長嶋洋一、平野砂峰旅、各氏がコンピュータ音楽の未来を占い、自らの最新作を惜しげもなく披露するライブ・ イベント。

 ・映画「日々」ライブ上映
  前田真二郎監督映画「日々」のために三輪眞弘が作曲した音楽を「からだプロジェクト」で特別開発された5匹のロボット・マラカス隊によって(同時)演奏するライブ上映会。

 ・「時間旅行楽団」特別公演
  三輪眞弘が提唱する「逆シミュレーション音楽」の演奏を発端に、大学の壁を越えて集う若者達によって結成され、2005年に山口情報芸術センターでデビューを果たした「時間旅行楽団」による創作音楽パフォーマンス。


■会期:2005年12月23日(金)〜12月25日(日)
■会場:大垣市情報工房 5F (入場無料)

■インターカレッジコンピュータ音楽コンサート(23、24日)参加校:

 大阪芸術大学芸術学部音楽学科音楽工学コース
 九州大学芸術工学部音響設計学科音文化講座中村ゼミ
 京都精華大学芸術学部デザイン学科映像分野
 国立音楽大学音楽デザイン学科
 くらしき作陽大学音楽学部音楽学科情報音楽専修
 慶応義塾大学環境情報学部
 神戸山手短期大学
 彩都IMI大学院スクール
 静岡文化芸術大学
 昭和音楽大学
 玉川大学芸術学部
 多摩美術大学情報デザイン学科
 東京音楽大学
 東京大学
 東京電機大学工学部情報メディア学科
 早稲田大学理工学部複合領域研究室
 IAMAS

■主催:からだプロジェクト(IAMAS)
■共催:SIGMUSインターカレッジコンピュータ音楽ワーキンググループ
■後援:大垣市

Posted by com4jai at 22:39 | Comments (0)

2005年09月18日

Frogonair + Carl Stone

ギター×2,ドラム&パーカッションによるノイズ、現代音楽、ジャズ、ロック的音像を打ち出しているグループ ”フロゴネイル”とカール・ストーン氏とのカルテットのライブ
FROGONAIR website:http://homepage1.nifty.com/wataru-Y/invoice/index.html

 ストーン氏の公式サイト: http://www.sukothai.com/

2005.10.2(Sun. )  Frogonair + Carl Stone
(G:山下渉、G:満留正成、Dr & Perc.:西沢直人、Carl Stone:Erectoronics) 

会場 :西荻窪BinSpark (東京・杉並区)
東京都杉並区西荻北3-1-6 ハイムノダB1F TEL03-3395-9299 http://www.turning-promotion.co.jp/bsp/
開場: 18:30  開演: 19:00
出演順:3バンド中3つ目(20:30前後からの演奏となる見込みです)

料金 : 前売・予約1,800円/当日2,000 円+1drink500円
予約先 : wataru_y@nifty.com

Posted by com4jai at 05:05 | Comments (0) | TrackBack

2005年09月05日

max/msp制作の国産?ソフト

Flat Earth Sequence というliveとはちょいと違った感じのリアルタイム系ソフトウエア。
なんか、ググってタラ、スポンサー欄で見つけた。
詳しいことは解らないが、max/mspにて開発されたソフトらしい。
サイトからはデモ版もダウンロードできる。

日本国内ではこういった形での販売って初めてかも。

PhonicFactio:n 公式サイト:
http://phonicfaction.com/index.htm

Posted by com4jai at 01:03 | Comments (0) | TrackBack

2005年06月28日

Yuko NEXUS6を巡る興味深い人々がネットで聴ける!

Yuko NEXUS6を巡る興味深い人々http://www.astrolabel.net/msp/archives/000189.html)のライブ音源が午後11時より毎夜mp3形式で公開されている。ビットレートは高いとはいえないものの、会場の様子が伝わるには十分な音質。

これからいくか迷っている人から行くことを楽しみにしている人、ライブを見た人みんなにオススメ。

会場のcanofanHPより音源ページへはいれます。
http://www.canolfan.com/

Posted by com4jai at 15:55 | Comments (0) | TrackBack

2005年06月20日

“日常”のつくり方

池田朗子展:[their site/your sight]
場所:multiple choice (マルチプルチョイス)、入場無料
名古屋市千種区楠元町2-12 〒464-0037
tel.fax 052-751-2050                
http://www.m-choice.com  

2005年6月20日(月)〜7月9日(土)
「NEXUS6 SONG BOOK」のアートワークを担当した池田朗子の作品(their site/your sight)展示
11:00-19:00(水、木定休)

○特別イベント
6/25(土)
第1部 2:00〜4:00pm
「声と視線??“日常のつくり方”」
トーク:池田朗子×Yuko Nexus6 司会進行:林緑子
第2部5:00〜
「Yuko Nexus6によるパフォーマンス」
*それぞれ定員30名程度。混雑時入場制限あり。床に座る形式です。入場無料

Yuko Nexus6
http://www02.so-net.ne.jp/~nexus6/index.html

池田朗子 IKEDA akiko
http://www15.plala.or.jp/rouko73/

Posted by com4jai at 01:03 | Comments (0) | TrackBack

2005年06月17日

Special Lecture of Lemur

講師:フランク・ストファー氏

日時:2005年6月28日(火)15:00-16:30
場所:中京大学メディア棟5階メディア演習室
問い合わせ先:音響研究室(小笠原)内線6154
上芝 内線6172

仏ボルドーのベンチャー企業JAZZMUTANTがリリースしたマルチタッチスクリーン(複数の点を同時に認識)デバイス「LEMUR」。MIDIを超える最新の電子音楽デバイスが、本学にて披露されます。
MAX/MSP、SuperColiderといった革新的音響ソフトをより自由にインタラクティブに演奏するための最新技術に触れてみてください。

参考:http://www.jazzmutant.com

Posted by com4jai at 05:38 | Comments (0) | TrackBack

2005年06月01日

Audio/Visual School in Tokyo vol.1

開催日時:下記の日程にて全7回。曜日・時間は各日とも毎日曜日16:00 - 18:00。
(6/12、6/19、6/26、7/10、7/17、7/24、7/31)
開催場所:東京 青山 Office
講師:澤井妙治(portable[k]ommunity)、
   真鍋大度(東京芸術大学非常勤講師)、
   堀尾寛太(東京工芸大学助手)、他

募集人数:20名程度(先着順、最低挙行人員は15名です)

受講料: 4,000円(全 7回 = 28,000円) 各回2ドリンク付き

受講対象者:Max/MSP/Jitterの初心者の方、または同ソフトに興味をお持ちの方

持参するもの:Max/MSP/Jitterがインストールされた
ノートパソコン(Mac OS X 10.2以上,WindowsXP)、
※ http://www.cycling74.com よりお試し版がダウンロードできます。

ヘッドフォン。


申し込み・問い合わせ:
 e-mail: seth@cycproduction.com(cycproduction代表:黒瀧(クロタキ))
 ※返信メールに記載されている口座に入金が確認出来次第、正式申し込みとなります。
企画・進行:cycproduction
webページ:http://www.cycproduction.com/workshop


■クラス内容
Audio/Visual School in Tokyo は、近年注目されている音楽と映像を伴った作品やパフォーマンスにフォーカスをあわせた実践的なレクチャー/ワークショップを行います。第一弾の今回は、音楽・映像プログラミング環境, ”Max/MSP/Jitter” を取り上げ、実際にMax/MSP/Jitterを使用しているアーティストによるレクチャーを行います。

Max/MSP/Jitterに興味はあるけど実際に自分の手で触ったことはない、また購入はしてみたがいまいちどのように使ってないのかわからない、といった方を対象に行います。Max/MSP/Jitterは通常のプログラミング言語とは異なり、ブロックを組み合わせるようにしてプログラミングを行うことができ、経験がない人でも比較的容易に修得することができます。
このスクールではMax上で映像処理を行うライブラリ ”Jitter” のレクチャーを中心に、映像と音を組み合わせたプログラミングについて学ぶことができます。
・ビデオカメラからの映像にさまざまなエフェクトをかけて出力する
・ビデオカメラからの映像を元にして音を生成する
・音に合わせて映像を作りだす
・複雑な3D映像を自動的に生成させる
といった実践的な事を実際にその場で試して頂きながら進行します。

また映像のみならず、ネットワークやセンサーを使う方法も紹介します。
・オリジナルのコントローラによる自作VJソフトの制御
・複数台のコンピュータをつないだインスタレーション作品の制作
などといった方法も紹介します。

参加者にはノート型パソコンを持参してもらい、体験してもらいながらスクールを進めます。また講師の方々が作成した実用的なサンプルファイルを配布し、作品作りに役立つノウハウなども紹介していきます。

Posted by com4jai at 03:24 | Comments (0) | TrackBack

2005年05月30日

ミーム音楽祭

日時:2005年6月24日(金)夜 18:00開場 18:30〜20:40
場所:名古屋能楽堂

アーティスト:
カール・ストーン(Carl Stone 作曲家、中京大学情報科学部 教授)
岩竹 徹(作曲家、慶應義塾大学環境情報学部 教授)
端山 貢明 (東京藝術大学 助教授)
幸村 真佐夫 (中京大学情報科学部教授)
近藤 史人 (作曲家)
さかいれいしう(声楽家)
東野珠実(笙演奏家)

入場無料!
申し込みが必要です。こちら→http://www.memeproject.jp/concert/
 
プログラム
Self Organization II ・・・・近藤史人
             作曲:近藤史人
             プログラム:近藤史人
             プログラム:横川耕二
天地人:色即是空・・・・・幸村真佐男
             うたう人:さかいれいしう
             プログラム:曽我部哲也
Mother Wind・・・・・・・岩竹徹
              作曲:岩竹徹
             プログラム:岩竹徹
             笙:東野珠実
休憩
Cooper's・・・・・・・・ Carl Stone
              作曲:Carl Stone
              プログラム:Carl Stone
              Little Jammer協力:バンダイ
Universal Implosion 2005・端山貢明
             作曲:端山貢明
            ピアノ:鈴木明子、長谷川美穂子、田久潤子

MemeProject
http://www.memeproject.jp/hiki.cgi

Posted by com4jai at 00:06 | Comments (0) | TrackBack

2005年05月28日

トカ軸ツアー 〜大和川レコード レコ発篇 in 名古屋〜

6/9(Thu) 19:00start 1000円(drink別)@名古屋canolfan
出演者:YukoNexus6/大和川レコード/ばきりノす サウンド

メディアアーティスト "大和川レコード"と、唄うたい二人組"ばきりノす"による関西発出版プロジェクト"トカ軸"のツアー in 名古屋篇。6/1に全国リリースされる、大和川レコードCD作品集『選び採取られた日常』を巡って名古屋、東京とツアーします。名古屋canolfan でのゲストはYukoNexus6!見逃さないで!!
http://blog.goo.ne.jp/yamatogawarecord/

Posted by com4jai at 23:33 | Comments (0) | TrackBack

2005年05月20日

三輪眞弘 近況

5月22日に京都芸術劇場で拙作、「占卓と邦楽器のための、愛の占い
タアヘルムジク」が「糸」によって初演されます!

近年試みている「逆シミュレーション音楽」で「占卓」上の七つの石を規則に従って
移動させ、それをその場で読みとりながら演奏していく音楽です。今までなかなか手を
出せなかった邦楽器によるアンサンブルに取り組みました。良い季節になった京都へ
是非お出かけください!

なお、21日土曜日午後1時から新作の解説を兼ねたークショップも行います。

●!NHKFM 西村朗氏の「現代の音楽」に初ゲストとして2週連続出演します!

出演とはいえ、ほとんど話している時間はなく、10年も前の作品から2000年に発表
したオペラのための歌曲(さかいれいしうファン必聴)、フォルマント兄弟の作品、
そして先のゴールデンウィークに山口情報芸術センターで行われた「未来の伝統芸能を
語り継ぐ」コンサートのライブ録音まで一挙に放送されます。お聞きのがしなく!
(IAMAS学生作品「切耳(なめじ)は「耳なし小僧・・」と歌うテキストにより、また
kei kobayashiさんのコンピレーション・アルバムに収録されたヒット曲 「Wach jetzt auf!」
も放送予定でしたが架空宗教プロバガンダのテキストにより強制自粛の憂き目にあい
ました。涙)

「東の唄」から「しゃぐまさま」まで・・・NHKFM「現代の音楽」日曜日夕方!
・5/22 18:00- part1 放送予定作品:
 東の唄、インターナショナル、歌曲「新しい時代」
・5/29 18:00- part2 放送予定作品:
 合唱曲「新しい時代」、すべての時間、村松ギヤ(抜粋)、蛇居拳拍子・蛇 居拳節、しゃぐまさま

●もうひとつ、今週火曜日(17日)の朝日新聞朝刊文化欄に「古代エジプトの 響き再現」
という見出しで私のコメントが載りました。正倉院にあった古代のハープ「箜 篌(くご)」
のための作品「蝉の法」が一柳慧氏の作品と並んで紹介されました。
なお、この「蝉の法」を始め、今回放送される合唱曲「新しい時代」、ハープのための
「すべての時間」の楽譜が出版されています。銀座、池袋のヤマハなどで是非 ご覧ください。

http://www.mother-earth-publishing.com/html/s_list/s_list1.html#miwa

Posted by com4jai at 00:11 | Comments (0) | TrackBack

2005年04月16日

klipp avがやってくる

Fredrik OlofssonとNick Collinsのふたりから成るklipp av。エレクトロニカクラブシーンで活躍するヨーロッパのオーディオビジュアル・ラップトップデュオ。またSuperColliderに関するレクチャーも数多く行っている。
http://www.klippav.org/

●Lecture "SuperColliderDameSchool Hyper!"
2005.4.23(土) OPEN 16:30/START 17:00 at Cafe Canolfan (名古屋)
入場料: 2,000円(前売り 1,800円)
出演:かわむらたけこ(tn8) / klippav
詳細は、 www.sound.jp/supako/scds

●LIVE "SuperColliderDameSchool Mix-UP!"
2005.4.23(土) OPEN/START 20:00 at Cafe Flow (名古屋)
入場料:2,000円(前売り 1,800円、上記レクチャー参加の方は1,300円)
出演: klippav / Tomoho Tanicuchi / JunjiNakaue / Sora Tsukamoto
詳細は、 www.sound.jp/lllilll

■Lecture "SuperColliderDameSchool Hyper!"
2005.5.1(日) OPEN 17:30/START 18:00 at SuperDeluxe (六本木)
入場料: 2,000円
出演:かわむらたけこ(tn8) / klippav
詳細は、 www.sound.jp/supako/scds

■LIVE "SCDS Hyper-Live!"
2005.5.1(日) OPEN 20:30/START 21:00 at SuperDeluxe (六本木)
入場料: 2,000円
出演:佐近田展康(w/ 日比谷カタン) / exonemo / klippav
詳細は、 www.sound.jp/supako/klippav/hlive.html

Posted by com4jai at 22:42 | Comments (0) | TrackBack

2005年04月03日

Yuko NEXUS6を巡る興味深い人々(Interesting peoplearound Yuko NEXUS6)

Pasted Graphic.jpg

一週間抜きだよ。
連夜のライブ。
いくつみることが出来るだろうか。
絶対観にく。

場所:カノーヴァン canolfan
名古屋市中区新栄2-2-19 〒460-0007
phone 052-262-3628
http://www.canolfan.com

時期:2005年6月27日(月)〜7月3日(日)
目的:2005年5月発売予定のYukoNEXUS6の新譜NEXUS6 SONG BOOK」
(Sonore records)
のプロモーション、アートワークを担当した池田朗子の作品展示
豪華日替わりゲストも見もの。

◆内容:
open 7pm start 8pm
料金一律1500円(/w 1drink)

6月27日(月) 「opening night」
Yuko Nexus6ソロ+スティーブジャクソン(武村モモジ、聖澤聡、鈴木悦久)他

6月28日(火) 「インカレnight」
mimiz(鈴木悦久+飛谷謙介+福島諭)、津坂真由(iamas)、江上雄(nuas)、FURUKAWA Nobuyuki(中京大学)+YukoNexus6ソロ

6月29日(水) 「名古屋と神戸の不思議night」
mimicry(ミミクリー)、PHIRIP(ワラビモチつき!)、江崎将史、Yuko+江崎デュオ

6月30日(木) 「師匠とその弟子night」
YukoMariko(YukoNexus6:sound+Mariko Tajiri:image)、カール・ストーン

7月1日(金) 「いろんな声night」
YukoNexus6ソロ、フォルマント兄弟(三輪眞弘+佐近田展康)

7月2日(土) 「奇妙な鍵盤とお歌night」
Yuko Nexus6+千野秀一

7月3日(日) 「closing night」
Yuko+木下デュオ、かえる目(細馬宏通+宇波拓+木下和重+中尾勘二)


Yuko Nexus6
http://www02.so-net.ne.jp/~nexus6/index.html

池田朗子 IKEDA akiko
http://www15.plala.or.jp/rouko73/

SONORE
http://www.sonore.com

Posted by com4jai at 00:28 | Comments (0) | TrackBack

2005年02月25日

TIME MACHINE〜赤松正行展

「Time Machine!」を筆頭に、リアルタイム映像を中心とした新作を数点展示。
初めての試みとなる紙媒体の作品やインタラクティブでない作品もあるとのこと。

さらに驚くことは「10年前にも神戸で個展を予定していたが、開幕直前になって震災で中止となったイワク付きの作品」も展示するとのこと。アー私も行きたい。

日時:2005年3月6日(水)〜21日(月) 13:00〜18:30 水曜日定休

オープニング・イベント
存在ト時間#2:virtuality & reality
日時:2005年3月5日(土) 17:30開場 18:30開演

場所:夢創館 神戸市灘区青谷町2-1-3 TEL.0780802-8822
http://www.mssohkan.com/
   
TIME MACHINE展ホームページ:
http://www.iamas.ac.jp/~aka/tmex/

Posted by com4jai at 02:12 | Comments (0)

2005年02月21日

TrackBack people登録

max/mspを話題とするTrackBack peopleを登録しました。

max/msp関連のエントリーをブログで書いたならば、
http://member.blogpeople.net/tback/01865
にTrackBackすると、エントリーがサイトに一覧が表示、取得することが出来ます。

http://www.blogpeople.net/display/TB_People/tbp01865.rdf
にてRSS形式にてすべての記事が取得できるようになります。

また、http://member.blogpeople.net/seuc.jsp?t=01865&b=0から一覧、さらに、javascriptにより、サイトにはりつけ、表示することも出来ます。
詳しくはBlog People

Posted by com4jai at 04:02 | Comments (0) | TrackBack

2005年01月09日

media workshop vol.7『Max/mspワークショップビギナーズ』

Max/msp、Jitterを使って、作品つくりを行うワークショップ。初心者、 これから購入をお考えの方にオススメの内容。Maxで何ができて、 何をすれば面白い作品ができるのか、を考えて、グループごとにデモンストレーション作品をグループリーダーと共に作る。

   ※メール申し込み〆切り1月14日
           受講料振込〆切り1月17日付

    【日程】 1/22(土) 17:00-20:00
1/23(日) 17:00-20:00
1/29(土) 17:00-20:00
1/30(日) 17:00-20:00
   
【参加費】15,000円(税込み・全4回)
※最低敢行人数 10名
※i-bookレンタル料 4回=2,000円 (4台のみ)

【グループリーダー】平田昌太郎、辻哲郎、ツツイマサト、飯名尚人
     
【必要なモノ】特に必要ありません。
ノートブックPC(MACのみ)をお持ちの方は、ご持参下さい。
 
【予約・申し込み】 e-mail:gallery@uplink.co.jp(UPLINK)

Posted by com4jai at 19:41 | Comments (0) | TrackBack

2004年12月05日

「第4回 日曜ノイズ劇場」

みみずの福島諭さんからのメールです。

-------------
しばらくお休みしていた「日曜ノイズ劇場」が
名古屋Canolfanに帰ってきました!
第四回は内橋和久氏、吉田アミ氏を迎えての豪華版!!!
ぜひぜひ、お越しください。

Live act
内橋和久
吉田アミ
みみづ http://www.mimiz.org/


お問い合わせ
みみづinfo
yoshs02@iamas.ac.jp


会場:カノーヴァン
電話番号 052-262-3628
会場ホームページ  http://www.canolfan.com/
会場Eメール eat@canolfan.com
日程 12月12日
時間 18:30 open 19:00 start
料金
charge_adv2,000(w/1drink)/door2,300(w/1drink)  学生はadv,doorともに
¥1,800(w/1drink)

Posted by com4jai at 22:27 | Comments (0) | TrackBack

2004年10月05日

MAX/MSPワークショップ 超初級コース』参加者募集開始

最近シリーズ化しているアップリンク・ギャラリーでのワークショップ。
今回はこれからMAX/MSPを購入しようとしている人、興味があるが、触ったことがない人など、間口を広げたワークショップになる模様。 

【内容】 ○MAX/MSPは何をするソフト?
          ○MAX/MSPを使うとどういうことが出来るの?
          ○ソフトのインストールは?
          ○機材の選び方は?
          ○簡単なプログラムを組んでみよう。
          ○音を出してみよう。
          ○いくつかの効果を実験して、プログラムの内容を理解しよう。 

 【日程】 第1回 10月23日(土)20:30〜22:30
           第2回 10月30日(土)20:30〜22:30
           第3回 11月 7日(日)19:30〜21:30

【受講費】 全3回20,000円

 【講師】 平田昌太郎、辻哲郎(Dance and Media Japan)

 【企画進行】 飯名尚人(Dance and Media Japan)

【予約】 mws@uplink.co.jp
  ※メールは仮予約です、返信メールに記載されている口座に
     入金が確認とれ次第正式予約となります。

【〆切】 10月21日(水)

 【会場】 アップリンク・ギャラリー

Posted by com4jai at 00:53 | Comments (0) | TrackBack

2004年10月02日

Tele-Matari発表

三輪眞弘氏が「またりさま」をネット上でプレイすることを可能にする「Tele-Matari」を発表した。

10月2日正午現在、サイトにはまだソフトウエアなどはアップされず準備中だが、本日付けで公開がアナウンスされている。MAX/mspをベースにしたアプリのようだが、このソフトウェアを使用すると、ネット上でつながった複数の人間と「またりさま」をプレイできるというもの。ネット上で自分だけがつながっている場合も、ロボットがその他のプレイヤーになるようである。

http://www.iamas.ac.jp/~mmiwa/TeleMatari.html

Posted by com4jai at 13:49 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月30日

新しいスタイルの休憩の場? SUWARU

「SUWARU」はりゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)の新しいスタイルの休憩の場を期間限定で提供するインスタレーション。

SUWARUは.淵船絅薀襪柄悩爐鰺僂い人諭垢淵廛蹈肇織ぅ廚琉愡勞⊆然が生み出す表情を切り取った視覚造形6間全体の様子を感じ取りMAX/MSPを用いてリアルタイムで変化させてゆく自然をテーマとする音楽の3つの要素により構成される。

特にについては、椅子の下にはマイクが仕込まれ、椅子に座ることをきっかけとしてMAX/MSPが展開してゆくシステムを組んでいて、椅子の周りを8台のスピーカーが囲み、音が流れる仕組み。

会場のロビーが展示場所ということで、椅子とともに自然にマッチした音響が流れるということで、椅子にスピーカー仕込む作品はICCにもあったように記憶しますが、そちらは万民向けとは思えない音響が流れていたので、ちょいと興味ありです。

【日時】
10月29日(金)〜10月31日(日)
9:00〜22:00(初日は17:00開始。最終日は20:30終了)
※音楽は時間を限定して行います
 29日:17:00〜21:00
 30日:16:30〜21:00
 31日:11:00〜15:00、18:30〜20:30
【企画協力】
新潟大学教育人間科学部芸術環境講座の橋本氏、清水氏を中心とする造形と音響のコラボレーション(橋本学、清水研作、半間道子、廣瀬康仁、福島諭)、長谷弘オーディオ
【お問い合わせ】
りゅーとぴあ施設課 025-224-5611


http://www.ryutopia.or.jp/news/2004_9/suwaru.htm

Posted by com4jai at 02:03 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月20日

演算するからだ展

第11回神奈川国際芸術フェスティバル
コンテンポラリー・アーツ・シリーズ

dance today 12 演算するからだ展

方法の方法マシンによる方法のためのパフォーマンスアート。

三輪さんが最近提唱、実演している逆シミュレーション音楽に大きく関係する作者の作品をパフォーマンスグループ「方法マシン」が演じる。

2004年10月
16日(土)17:00開演(16:30開場)
17日(日)15:00開演(14:30開場) 
神奈川県民ホール小ホール

監修:三輪眞弘
足立智美 「方法音楽第8番c」「方法音楽第9番a&b」
鈴木悦久「環・カルテット」
トム・ジョンソン「Counting Duets」
中ザワヒデキ「金額」プリンター・デモンストレーション
松井茂「純粋詩」
三輪眞弘「またりさま」
安野太郎「ぺぺ・ビリンバン・ポイ野2」

http://www.kanagawa-kenminhall.com/dt1112/dt12/works.html#top

Posted by com4jai at 00:18 | Comments (0) | TrackBack

ヴューマスターズ - 現音採集観察学会 2004「音」観察をきわめる 〜 サウンドアート編 〜

ヴューマスターズ - 現音採集観察学会 -
http://www.japanimprov.com/viewmasters/viewmastersj

2004年のテーマは:「音」観察をきわめる 〜 サウンドアート編 〜

●レクチャー
11月7日(日) 開場 2:30PM 開演 3:00PM
トーク:Haco、Yuko Nexus6、小島 剛
ゲスト:畠中 実(ICC学芸員)

●コンサート&パフォーマンス
11月14日(日) 開場 2:30PM 開演 3:00PM
出演者:
佐藤 実、角田 俊也、ニシジマ アツシ

●ワークショップ
12月5日(日) 開場 2:30PM 開演 3:00PM
参加者+講師:
Haco、Yuko Nexus6、甲斐 賢治、松井 智惠 進行:小島 剛
映像トーク:甲斐 賢治 (NPO remo代表理事)

企画・運営:NPO法人大阪アーツアポリア/ヴューマスターズ
主催:大阪市、(財)大阪都市協会
問い合わせ (担当: コジマ) :
Tel/Fax: 06-6599-0170 E-mail: sound@arts-center.gr.jp
http://www.arts-center.gr.jp

Posted by com4jai at 00:08 | Comments (0) | TrackBack

2004年09月01日

「村松ギヤ・エンジンによるボレロ」芥川作曲賞受賞

第14回芥川作曲賞(サントリー音楽財団主催)の選考演奏会が29日、東京・赤坂のサントリーホールで開かれ、三輪眞弘氏の「村松ギヤ・エンジンによるボレロ」が受賞作に決まった。

「村松ギヤ・エンジンによるボレロ」はもちろん、逆シミュレーション音楽によって生み出された作品。
いや、いや、快挙。

Posted by com4jai at 04:21 | Comments (0) | TrackBack

2004年07月24日

Max/MSP メディアワークショップ 〜オリジナルエフェクトを作成して演奏しよう〜

今回のワークショップでは、サウンド(DSP)に的を絞り、デジタルオーディオの基本知識から、オリジナルDSPツールの作成。し発表。作ったMax/MSPパッチは、特設web上にアップ。 さらに期間中は、スペシャルゲスト(ジョセフ・ハイド、徳井直生)による作品プレゼンテーション&トークもあります。

■日程
8月14日(土)〜17日(火) 19:30〜22:30
※15日は、ゲストによる作品プレゼンテーションを16:00より予定しています。
※13、14、16、17は15:00〜 ギャラリースペースを解放します。

 ○1日目
デジタルオーディオの基礎知識から、maxmspを使ったDSPプログラミングの 基本を習得します。
 ○2日目
デジタルディレイやフィルターなど、基本的なエフェクトを実際にプログラムしながら、さらにプログラミングの知識を深めていきます。
○3日目
さらにFFT(フーリエ変換)やグラニュラーシンセシスなどにも言及しながら、オリジナルなDSPプログラムのアイデアを実現することを目指します。
○4日目
 形にすることが出来たら、ライブパフォーマンスを想定したツールを作ってみましょう。実際に出来上がったら、自作ツールを用いて、プレゼンテーションをしてもらいます。
   
■定員 :25名
■参加料:30,000円
■i-bookレンタル料 4日間=2000円(5台のみ)
■企画:UPLINK http://www.uplink.co.jp/
Dance and Media Japan  http://www.dance-media.jp
■問い合わせ:e-mail mws@uplink.co.jp(問い合わせ)
■お申し込みフォーム :http://www.uplink.co.jp/workshop/summer.html#1
■協賛:株式会社カメオインタラクティブ(http://www.cameo.co.jp/

Posted by com4jai at 15:52 | Comments (0) | TrackBack

2004年07月19日

Max/MSP4.5 プレビュー(1)

先週末に公開されたメジャーアップデート4.5の新機能などを数回にわたって紹介したいと思います。
第一回目は4.5からサポートされるようになったJAVA Scriptを利用したユーザーインンターフェース"jsui"

jsui.png

jsuiはjavascriptで記述されたボタンやスライダーなどのユーザーインターフェース・オブジェクトで、javascriptで記述すればどのようなインターフェースが可能になる。そういう意味では個人的にjsuiコレクションを発表することが多くなりそうだが、とりあえず、

/Library/Application%20Support/Cycling%20'74/jsui-library/

にjsuiのjs fileがすでにあるので、これを利用するだけでも、かなり有用である。

とりあえず、使ってみることにした。
まずはstartup menuからjsuiを選択して、パッチャー上にドラッグする。さらに、command+iでダイアログをひらいて、javascript fileで、使用するjs fileを選択する(openボタン)。

まずはこれだけでもボタンやスライダー、ダイアルが出来るのだが、argumentに記述を追加することにより、いろいろ出来そう。(まだ詳細は解りませんが、例えば、text ボタンの場合はここに記述したtextのボタンが出来上がります。画像のONボタンがその例です。)

さらにこのjsuiを利用した新しいオブジェクトも紹介。
techno.png

techno~は4.3にもあったseq~のようにシグナルによってイベントをコントロールするオブジェクトだが、名前の通り、アナログ・シーケンサーのようにグリッドでパラメーターを変化することに用途を限定したものだ。

techno~はamplitude,pitch,step positionの3つのアウトレットをもつ。これらをコントロールする例として、jsuiを使用することがhelpパッチに紹介されている。こちらも、前述のjsuiライブラリーに含まれているが、これが、とても直感的ですてきである。

shift,option keyを押しながらドラッグすることで、これら3つのパラメーターがグラフィカルに変化させることが出来る。

うむむ、なんかすごいぞ4.5ということで、また。

Posted by com4jai at 01:58 | Comments (0) | TrackBack

2004年07月13日

灰野敬二+秋田昌美バンド 結成 [ 翌檜の夜 ]

興味深いライブイベントの情報をメールにていただきました。
関西方面の情報ですが、お近くの方、必見!
---------------------------------------
あの灰野敬二とメルツバウ秋田昌美が新ユニット"きくり"(kikuri)を
結成!!各ソロライブに加えて、きくりでのライブを初披露!!
ゲストライブに「世界で最も奇妙な音楽」として知られる
フランスのラジオ番組「Cacophonies」のMAKIをお迎えする必見の一夜


2004年7月19日(月・祝) 16:00-23:30


LIVE:
灰野敬二 + 秋田昌美
灰野敬二(ソロ)
Merzbow(メルツバウ)
MAKI (from France)
一楽儀光
小島剛


DJ:
taaya(cyo)
Chou Chou Noir(VELVET MOON)

灰野敬二
アヴァンギャルド/ノイズ・アーティスト、灰野敬二の歴史は、71年に
日本初のインプロヴィゼーション・バンド「ロストアラーフ」を結成した
ことに始まる。その後、伝説的アルト・プレーヤー、阿部薫との「軍楽隊」
や琴奏者・竹田賢一との「バイブレーション・ソサエティ」で活動。
また、フリー・フォームのロック・バンド「不失者」(78年)、「滲有無」(90年)、
歌謡曲/GS/童謡を独自にカヴァーした「哀秘謡」(98年)と、年代によって
活動形態を変化させながら、自らの音楽を延々と探求し続けている。
この間、彼の作品群は、日本のみならずアメリカ、カナダ、フランス、
イギリス、ドイツなどからもリリースされ、世界的な評価も獲得。エフェ
クトを幾重にもかけたギター・サウンド、思いつくままに叩かれるパー
カッション、躁鬱的なヴォイス・パフォーマンス……そのどれをとって
も「アヴァンギャルドの極限」である。今までにデレク・ベイリーとのコラ
ボレーション、ソニック・ユースとの共演、ジョン・ゾーン+ビル・ラズ
ウェルのペイン・キラーへの参加、前衛ダンサー/詩人/劇団の舞台音楽
なども手がけており、実験的な野心をもったアーティストたちから多大な
支持を得ている。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~haino/


秋田昌美
日本、あるいは世界を代表するノイズ音楽家。玉川大学文学部芸術学科
卒業後、雑誌編集者を経て文筆活動を行う一方、80年にノイズミュージック
プロジェクトMerzbowを主催し、独自のノイズ・ミュージックをクリエイト、
活動を始める。ヨーロッパ、アメリカをはじめ世界各国で意欲的に多数の
ライブ活動を展開し、不協和音の嵐を奏でるアクトがノイズミュージックの
国際的パイオニアの一人として国内外問わず高い評価を受ける。現在まで
に200種を超えるレコード、CDの他、多数のカセット作品を発表する。
最近では、CD50枚組セット『MERZBOX』がオーストラリアのレーベルから
リリースされたり、欧米、ロシア、韓国など国内外で精力的にライヴを行い、
劇団「ロマンチカ」、映像作家イアン・ケルコフをはじめ、他分野のアー
ティストとのコラボレーションも多い。性文化やアンダーグラウンドカル
チャーを中心とした多くの著作を著し、文筆家としても名前を知られ、
代表著作に『ノイズ・ウォー(ノイズ・ミュージックとその展開)』
『ヴィンテージ・エロチカ』『スカム・カルチャー』など。
http://hatomasamune.easter.ne.jp/merzbow/


MAKI
音楽家、写真家、ラジオ局のプロデューサーといった様々な肩書きを持つ。
現在は主にフランスの名門実験スタジオG.M.E.M.を拠点にelectro accoustic
楽曲の作曲、コンサート活動を行い、電子音楽の在り方を追求しつつも常に
"acoustic"な視点を同居させることを重視する。コンサートでは時間に
よって厳密に構成されたシートに則って、CDプレイヤーなどで楽曲を再生
し、異なる複数台のスピーカーシステムを用いて音をコントロールする
形態で演奏される。
02年には50台以上のマルチスピーカーシステムを使用したコンサートを
Futura2002フェスティバルで行った他、ベルギー国際電子音楽フェスティ
バルに出演し60台のスピーカーシステムで演奏を行った。過去3度の来日を
果たしており、日本人アーティストとコラボレートする機会も多い。
「世界で最も奇妙な音楽」として知られる自身のラジオ番組「Cacophonies」
では即興やエレクトロアコースティック、実験音楽といったジャンルの秀作・
新作を積極的に紹介している。また写真家としてもボンデージファッション
や日本の文化に関する作品を撮り続け、新しい写真集の出版も控えている。
http://cacophonies.maki.free.fr/

会場:大阪 NOON
大阪市北区中崎西3-3-8 JR京都線高架下
TEL / FAX 06-6373-4919
http://www.hattrick-records.com/NOON/


前売:3000円(1ドリンク)
当日:3500円(1ドリンク)


チケット取扱:
チケットぴあ (Pコード:177-848) / NOON / VELVET MOON


詳しくはこちらをご覧下さい。
HATTRICKhttp://www.hattrick-records.com/
VELVET MOON http://www.velvet-moon.com/

Posted by com4jai at 00:57 | Comments (0) | TrackBack

2004年06月22日

aka.datagramにbinary conversion機能

赤松正行氏が開発したオブジェクト"aka.datagram"にbinary conversion機能が追加された。

aka.datagramはsymbolを通信プロトコルudpのパケット(datagram)に相互変換するオブジェクトだが、さらに今回のヴァージョンアップではinteger numberをbinary dataに相互変換する機能が追加された。
http://www.iamas.ac.jp/~aka/tme/gallery/

Posted by com4jai at 01:27 | Comments (0) | TrackBack

2004年06月18日

Max/MSP4.5メジャー・アップデートをアナウンス

cycling'74より来月、ヴァージョン4では久しぶりのメジャーアップデートである4.5をリリースするとアナウンスがあった。

以前、メーリングリストでも話題になったJAVAとJAVAscriptのサポートが実現されている。

気になるアップデートにかかる費用だが、Maxのみで$100、Max/MSPで$149となっており、この値段は今年9月いっぱいの限定価格のようだ。新しいオブジェクトも増えるようなので、とりあえず、来月が楽しみである。

Posted by com4jai at 15:31 | Comments (0) | TrackBack

2004年05月21日

n_ext展 シンポジウム@ICC

ネクスト メディア・アートの新時代 シンポジウム

DSP関連で注目のアーティストが参加している初台ICCのn_ext展のシンポジウムが行われる。当日の模様はインターネットでも中継される。

n_ext展はどうも見に行くことができそうにありませんが、徳井さんの開発したSONASPHEREについての話題も注目ながら、チェックできずに残念。

日時:2004年5月30日(日)午後3時─

場所:ICC5Fロビー
入場料:無料
定員:150名(先着順)

エキソニモ(出品アーティスト),澤井妙治(出品アーティスト),徳井直生(出品アーティスト),
久保田晃弘(多摩美術大学教授),四方幸子(森美術館アソシエイト・キュレーター)

http://www.ntticc.or.jp/Schedule/2004/n_ext/Events/event03_j.html

Posted by com4jai at 05:02 | Comments (0) | TrackBack

2004年05月20日

講座「アートとしての数学」@カノーヴァン

「"またりさま学"の復興」
-- 逆シミュレーション音楽「またりさま」の実習, および, 対談--
講師 三輪眞弘氏 作曲家, IAMAS(岐阜県立情報科学芸術大学院大学)教授
場所:カノーヴァン
日時:2004年 6月18日(金)午後 7時30分開場, 8時開演
一般 1000円, 学生割引き 500円

逆シミュレーション音楽をめぐる公開講座。
全3回の第一回目は「またりさま」の実演を含めたないようになるようです。

http://homepage1.nifty.com/haniu/art_math.html

Posted by com4jai at 02:44 | Comments (0) | TrackBack

2004年05月16日

Max/MSP Jitter/メディア・ワークショップ 初級編

-Max/MSP Jitterを使ってメディアアート作品を作ってみる-

▼内容

グラフィカルなユーザー・インターフェースを特徴とするマルチメディア・プログラミング環境Max/MSP、Jitterの基本的な使用方法、使用事例などを挙げながら、実際に簡単なプログラムを作っていきます。

音声データと映像データを使い、オリジナルの表現を可能にするマルチメディア・プログラミング・ワークショップ。

▼ワークショップリーダー

松尾邦彦(メディアアーティスト/ダンサー/サウンドデザイナー)

http://www.cmprocess.com

▼全4回・定員20名(最低敢行人数10人以上)

▼日程・会場

6月 8日(火曜)19時30分〜22時30分 場所:早稲田アップリンクギャラリー

6月15日(火曜)19時30分〜22時30分 場所:早稲田アップリンクギャラリー

6月22日(火曜)19時30分〜22時30分 場所:渋谷アップリンク

6月29日(火曜)19時30分〜22時30分 場所:渋谷アップリンク

http://www.uplink.co.jp/gallery/index.html

▼申し込み・問い合わせ

  電話 03-5228-1710(UPLINK 担当:高柳)

  e-mail mws@uplink.co.jp (UPLINKワークショップ予約

・問い合わせ)

▼企画

Dance and Media Japan  http://www.dance-media.jp

UPLINK http://www.uplink.co.jp/

Posted by com4jai at 09:05 | Comments (0) | TrackBack

2004年05月13日

ベン・パターソンの冒険的大演奏旅行

フルクサスの大御所・コントラバス奏者のベン・パターソンは、70才の誕生日を前に、マチウナスが計画しながらも未遂に終わったシベリア鉄道・演奏旅行を実現する為と、ベンにとっては未知の国である日本へ来て、自作品を演奏したいという願いを合体させた壮大な計画をたてた。

彼は4月中にドイツを発ち、シベリア鉄道で各地をまわって演奏しながら上海へ辿り着き、そこからフェリーで5月20日に大阪港へ上陸。

5月23日には神戸のジーベックで、26日には名古屋のカフェ・カノーヴァンで、6月1日にはギャラリー360°でコンサートを行い、さらに登山の好きな彼は70才の誕生日である5月29日には富士山に登って、友人達のために特製のカクテルを作って振る舞うのだそうです。

BEN PATTERSON / GRAND 70th BIRTHDAY TOUR IN JAPAN SCHEDULE

5/23(日) ジーベック(神戸)

http://www.xebec.co.jp/xebec_hall/event/040523/index.html

5/26(水) カノーヴァン(名古屋)

http://www.canolfan.com/

5/29(土) 70歳記念来日富士山ツアー

http://www.360.co.jp/news_j/news_j.html


6/ 1(火) ギャラリー360°(東京)

http://www.360.co.jp/news_j/news_j.html

Posted by com4jai at 14:32 | Comments (0) | TrackBack

2004年04月28日

プラクイン・コレクションMODE発売

Max/MSPおよびPluggoベースで開発された23のプラグインからなるMODEがCreative Synthから発売された。
VST, RTAS, or AudioUnitsに対応するプラグイン・コレクション。
MAC OSX対応でWindows対応は近々行われる模様。
発売はcycling'74より。

http://www.cycling74.com/products/dlmode.html

Posted by com4jai at 05:07 | Comments (0) | TrackBack

2004年04月26日

オーケストラのための「村松ギヤエンジンによるボレロ」が 第14回芥川作曲賞にノミネート!

三輪眞弘氏が昨年発表されたオーケストラのための「村松ギヤエンジンによるボレロ」は最近の氏の活動で、重要な位置を占めている「逆シミュレーション音楽」で生み出されたものである。
そのオーケストラのための「村松ギヤエンジンによるボレロ」が第14回芥川作曲賞にノミネート!された。
そして本選会が8月29日、サントリーホールで新日本フィルハーモニー・小松一彦指揮のもと日本初演が行われる。
三輪氏:
http://www.iamas.ac.jp/~mmiwa/
芥川音楽賞:
http://www.suntory.co.jp/culture/smf/akutagawashou.html


Posted by com4jai at 02:53 | Comments (0) | TrackBack

フォルマント兄弟が8月に「兄弟式日本語鍵盤音素変換標準規格」を世界初公開!

三輪眞弘氏と佐近田展康氏のユニット「フォルマント兄弟」が今年8月発売のcomputer music journal(MIT press)夏号で「兄弟deピザ注文」ライブビデオを発表(付録DVD)とともに
これまでの音声合成の成果ともいえる「兄弟式日本語鍵盤音素変換標準規格」を発表する。
ちなみに、amazon.co.jpでは同誌は取り扱っていない模様。(4月現在)

Posted by com4jai at 02:40 | Comments (0) | TrackBack

2004年04月25日

新しいPowerBookG4とiBook発売

appleより新しいPowerBookG4とiBookが発売された。
今回はクロックアップなどのマイナーチェンジにとどまっている感じだ。
それよか、PowerBookG5はいつでるんでしょうかねー。
それまでは新製品には手を出そうとは思わないのだけれど。

http://www.apple.co.jp/

Posted by com4jai at 05:11 | Comments (0) | TrackBack

2004年04月24日

「日曜ノイズ劇場」


2004年5月9日(日曜日)18:30open, 19:00start
1500円(1ドリンク付き)
canolfan(カノーヴァン)――名古屋市中区新栄2-2-19
052-262-3628
http://www.canolfan.com

出演:Yuko Nexus6, Mayu Tsuzaka, Jean-Marc Pelletier, Mimiz

Posted by com4jai at 19:51 | Comments (0) | TrackBack

2004台灣國際電子藝術節

carl stone氏、赤松正行氏らが台湾 台北で行われる2004台灣國際電子藝術節に出演する。

日期:2004.5.20 ~ 2004.5.23
主催:國立台北藝術大學 科技藝術研究所

http://techart.tnua.edu.tw/2_exhibition/eArt2004.html

Posted by com4jai at 19:45 | Comments (0) | TrackBack

2004年04月23日

GoodなMAX object DataBase

ネット上にも存在するexternal objectを見つけ出す、或はこういったobjectはないのかということはよくあることですが、何とも興味深いサイトをご紹介。
http://www.maxobjects.com
ドメイン名もドンズバリのMAX,PD,jMAXなどのobject,liburaryのデータベースです。このサイト運営者には脱帽です。

Posted by com4jai at 00:21 | Comments (0)

2004年04月12日

MaxでJAVA

max-msp MLでの発言なのですが、
>Both Javascript and Java support are going to be in the next major upgrade (4.5) which will happen later this year.

ということで、次回のメジャーアップデート、4.5ではJava scriptもJavaもサポートするということは、つまり、パッチがアップレットにできたりすること??情報は全くないので、詳しいことは解りませんが、ともかく、何か面白いことになりそうな。

・・・ネット上でもパッチが動く?

Posted by com4jai at 03:39 | Comments (0)

2004年04月04日

「大垣蛇居拳太鼓」アプリケーションソフト

方法33号によると、
「大垣蛇居拳太鼓」アプリケーションソフトを発表。
三輪眞弘、作曲家
http://www.iamas.ac.jp/~mmiwa/jaikenop.html
「蛇居拳算」は本来、高橋"Jai"哲男さんによって仙台における架
空の伝統芸能「ジヤイ神楽」のために考案されたものである。この
アプリケーションソフトは同じ規則(アルゴリズム)を基に、それ
とは異なる作品「大垣蛇居拳太鼓」のために開発されたものだ。大
垣ビエンナーレではこのソフトウェアを、いつもの逆シミュレーシ
ョン音楽の流儀に従って、人間(今回は7人の高校生)が、7つの
和太鼓を使って現実世界でシミュレートした。

Posted by com4jai at 20:53 | Comments (0)

MaxがiLokに対応

バージョン4.3.2からMaxはiLok( ilok.com)というドングル(ハードウェア・キー)に対応。つまり、オーソラズしたiLokをUSBポートに差し込めば、どのコンピュータでもMaxが使えるわけです。これは、MaxだけでなくMSPやJitterも対応していますし、MacでもPCでも利用可能です。

1台しかコンピュータを使わないよって人には、従来のチャレンジ&レスポンス方式のオーソライズで充分ですが、何台もコンピュータを使う場合や頻繁にコンピュータを買い替える場合にはiLokが便利でしょう。すでにprotool関連はこのドングルを採用しています。また、複数のソフトウエアのキーをiLok一つでオーソライズできるので、それらのソフトウエアを併用している人は出費も気にならないかもしれません。

http://www.cycling74.com/support/questionsilok.html

Posted by com4jai at 19:53 | Comments (0)